前回の記事では、2018年がどれほどEMURGOにとって実り多い年となったかをご紹介しました。さっそくですが、今年、EMURGOオフィスは渋谷から、港区・赤坂に移転しました!東京屈指のビジネス街である周囲には、名だたる企業が軒を連ねています。我々のオフィスはビル最上階にあり、広さは500平米で、会議やコミュニティのミーティングなどにも使用できる会議室スペースを完備しています。今回は、この新しいオフィスについて、詳しくご紹介していきたいと思います!

こちらが玄関です。エレベーターを降りると、すぐに目に入ります。そして、EMURGOのロゴも新しくなりました!この玄関口は、ゲストの方々にもご好評をいただいており、ちょっとした記念撮影スポットになっています!

左手に進むと、会議やコミュニティのミーティングなどにも使用できるスペースがあります。また、奥にはガラス張りの会議室を設けています。

4つある会議室は、デザインも非常にユニークなこだわりがあります。それぞれ「クリプト」、「ウォレット」、「ジェラロモ・カルダーノ」、「エイダ・ラブレス」と名づけられています。これらは、今までのテクノロジーと、それによって築き上げられてきたプロジェクトに対する我々の情熱と尊敬の念を表現しています。こちらの写真をご覧ください。

まだまだご紹介したい素敵な設備がありますが、ブログではこの辺にしておきます!ぜひ一度、実際に訪ねてみてください!最新のイベント情報については、SNS上でのフォローをお願いいたします。

最後に、我々のCEO・児玉健と、EMURGO JAPANスタッフの写真を載せておきます!

#EMURGOTEAM

ご存知のように、EMURGOのミッションは、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を構築し、投資やアドバイスを行うことによってADAの価値を高めることです。 EMURGOは、ブロックチェーンの研究開発における専門知識と、関連するブロックチェーンおよび業界パートナーのグローバルネットワークを活用して、世界中でベンチャーをサポートしていきます。このミッションを達成するために、EMURGOはより強いチームを築くことを求められています。 EMURGOが、世界中の才能のハブとなるように努めていきます!昨年、社員数も2倍になり、グローバルチームとしても拡大の一途をたどっています。現在、社員の国籍はフランス、アメリカ、インド、香港、韓国、ロシア、ウクライナ、と様々で、今後も多様性を増していくことと思われます。ブログでは今後、社員の紹介も随時行ってまりますので、ニュースレターへの登録をお忘れなく!

2019年1月30日、31日に開催される「Japan Blockchain Conference」にEMURGOが出展します!我々のブースは、メインステージにほど近い場所にあります。ぜひ訪れて私たちに会いに来てください!詳細はこちらです。SNSのフォローもお忘れなく!

EMURGOについて
EMURGOはCardanoブロックチェーンの導入を促すだけでなく、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を構築し、投資やアドバイスを行うことによってADAの価値を高めます。ブロックチェーンの研究開発から得た専門知識および業界パートナーとのグローバルなネットワークを活かし、ベンチャー企業の支援を行っています。

EMURGOは2017年6月に日本、2018年5月にはシンガポールに設立されました。以来、Cardanoプロジェクトの公式な商業化およびベンチャー部門として活動しています。Cardanoエコシステムのグローバルな成長、そしてCardanoブロックチェーンの導入促進のためにIOHKと連携しています。プロジェクトの詳細については、https://emurgo.ioをご覧ください。

|| EMURGOメールマガジンーのご登録は こちら ||

EMURGOについて
・公式Webページ: emurgo.io
・Twitter (英語):  @emurgo_io
・Twitter (日本語):  @Emurgo_Japan
・Medium: @emurgo_io
・LinkedIn: @emurgo_io
・Youtube: EMURGO channel

ヨロイウォレットについて
・ヨロイTwitter: @YoroiWallet
・ヨロイWebページ: https://yoroi-wallet.com/

カルダノについて
・カルダノForum: https://forum.cardano.org/
・カルダノテレグラム: https://t.me/CardanoGeneral
・カルダノReddit: https://i.reddit.com/r/cardano