創業者に会いに行こう:ダニエルとギラッド

Tesseractの創業者であるダニエルとギラッドは、彼ら自身も認める通りビジネスのベテランです。二人はともに、いくつもの大陸を股に掛けて複数の業界で会社を経営し、成功を収めてきました。長年にわたる業務を通じて培われた知識と経験を結集させた会社こそがTesseractです。Tesseractは、2019年のニューヨークでのdLab/EMURGOスタートアップ・アクセラレーター・プログラムに選ばれた4社のうちの1社でもあります。

ギラッドは小売業の世界でビジネスの第一歩を踏み出しました。在庫、ボックス、ブリック・アンド・モルタルのオペレーションが彼の仕事における日常でした。しかし2011年、Eコマースが次第に重要性を増すなかで、ギラッドは小売業のなかで起きる革命を認識するようになります。こうした洞察から、ギラッドはローテクからハイテクへと関心を向けるようになりました。そして、モバイルと購買体験を繋げるスタートアップ企業、ShopCloudの設立に至るのです。 ダニエルはギラッドに出会う以前は、クリミアを拠点とするコンサルティング会社を経営し、成功を収めていました。彼はクリミアとイスラエルを往復する日々を送っていましたが、2014年のある日、イスラエルへと向かおうとしていたダニエルは、ウクライナの銀行によってあらゆる銀行口座やクレジットカードが停止されていることを知ります。政情不安のために、ダニエルは預金を引き出すことができなくなったのです。自身の資金へのアクセスができなくなったダニエルはイスラエルのShopCloudで働き始め、そこでギラッドと出会うことになりました。

ギラッドが初めてブロックチェーンについて学ぶことになったのは、ダニエルと共に働き始めたことがきっかけでした。二人の創業者たちは深夜まで話し合い、この業界に参入することを決めました。ブロックチェーン、アプリケーション、そして今後の世代のための可能性についての議論を経て、二人は共に未来と向き合い、共同創業者としてTesseractを設立することとなったのです。ギラッドは、ブロックチェーンは人類の歴史の主要な要素になるであろうという信念に基づき、ローテクの事業を売却し、新たなスタートアップ企業の設立にすべての賭けることにしました。

Tesseractがモバイル上でブロックチェーンを採用するアプリケーションを実現したことを話すギラッド・ワクスマン 

Tesseractの概要

幾何学ではtesseractとは四次元の立方体を指します。創業者の二人にとって、Tesseractの第4の次元とは、世界中の人々がブロックチェーンにアクセスし使用できる状態を生み出すことです。すなわち、ウォレットとアプリケーション間の通信のオープンスタンダードを意味します。Tesseractが開発を進める特定のユースケースとは、ユーザーがすぐにCardanoベースのアプリケーションを実行できるブラウザプラグインです。Cardanoが有用なアプリケーションを備えたエコシステムを構築し続けるにつれ、こうしたシンプルなプラグインに対するニーズはより明らかなものとなってきました。同様のユースケースはモバイルでも利用できるようになるでしょう。

Tesseractはモバイルアプリケーション用ブロックチェーンを普及させる要となるべく設立されました。こうしたビジョンは、ブロックチェーン業界の現在と未来に橋を渡すものです。現時点では、ブロックチェーンの開発を行うのはブロックチェーンに特化した開発者のみに限られ、モバイルの開発者への展開は進んでいません

TesseractはiOSおよびAndroid用のソフトウェア開発キット(SDK)などのオープンソースツールの開発に取り組み、開発者がモバイルアプリケーションで容易にブロックチェーンを活用できるようにしています。何十億という人々はメールやインターネットアプリケーションを支えるプロトコルがどのようなものであるかを知らないままにこれらを活用していますが、二人の創業者が最終的に望むのもこれと同様に、ブロックチェーン技術をベースとする素晴らしいアプリケーションを多くの人が楽しんでくれる状態を作り出すことです。Tesseractはブロックチェーンを開発者にとってより身近なものにし、ブロックチェーン技術を世界に届ける素晴らしいアプリケーション開発を実現できるように取組を進めています。

Tesseractのホームページ

開発者にとってスムーズな体験を実現することは、テクノロジー業界にとって幅広い意味を持ちます。ブロックチェーンへの移行を検討している企業は数多くありますが、ツールがなく実現が進んでいません。Tesseractは、ブロックチェーンの採用にあたり問題を抱えるこのような企業との会話を続けています。ダニエルとギラッドは、企業の参入障壁を解消し、アクセス可能でユーザーフレンドリーなブロックチェーンの実現を目指すため、ソリューション構築に取り組んでいます。

TesseractとdLab/EMURGO

ギラッドとダニエルは、何よりも注目に値するブロックチェーンとしてCardanoを選択しました。二人はブロックチェーン技術における専門知識と経験を求め、EMURGOに連絡を取ったのです。ダニエルとギラッドはおよそ一年にわたりEMURGOと連絡を取り続けました。2018年、二人はニューヨークを拠点とするdLab/EMURGOのスタートアップアクセラレータープログラムに応募し、参加を認められます。ダニエルとギラッドは、dLab/EMURGOアクセラレーターを大学のように感じています。二人はオープンな気持ちでプログラムに参加し、熱心に学び、洞察や新たな視野を得ようとしています。TesseractがdLab/EMURGOを通して獲得した最も重要なものは、Cardanoやブロックチェーン技術についての専門的で世界レベルの知識です。初の第三世代ブロックチェーンであり、スケーラブル、サステイナブル、かつ相互運用可能な、科学哲学とリサーチ主導のアプローチにより進化を続けるCardano。これを活用した構築と成長をdLab/EMURGOとの協力のもと進めていくことこそが、二人の創業者にとっての喜びとなっています。

最後に

創業者のダニエルとギラッドは、将来のアプリケーション構築において、ブロックチェーンが革命的な一歩となると考えています。彼らのマルチネットワークのOpenWalletプロトコル、モバイルファーストなウォレットのリファレンス実装、モバイルアプリケーション用のソフトウェア開発キットのサポートは、より分散化を進めたインターネットの基礎の構築に貢献するものです。Cardano上での構築にあたり、二人はビジネスと技術における強力なバックグラウンドを活用するとともに、dLab/EMURGOのガイダンス、ノウハウや知識から多大なメリットを獲得しています。もしあなたがアドバイスやガイダンスを必要とするプロジェクト開発を行っているのなら、ぜひこちらからEMURGOにご連絡ください。

EMURGOは、Cardanoをグローバルに発展させる
EMURGOはCardanoブロックチェーンの導入を促すだけでなく、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を構築し、投資やアドバイスを行うことによってADAの価値を高めます。ブロックチェーンの研究開発から得た専門知識および業界パートナーとのグローバルなネットワークを活かし、ベンチャー企業の支援を行っています。

EMURGOは2017年6月に日本、2018年5月にはシンガポールに設立されました。以来、Cardanoプロジェクトの公式な商業化およびベンチャー部門として活動しています。Cardanoエコシステムのグローバルな成長、そしてCardanoブロックチェーンの導入促進のためにIOHKと連携しています。プロジェクトの詳細については、https://jp.emurgo.io/ をご覧ください!

||  EMURGOメールマガジンを登録します  ||

EMURGOをフォローしましょう!
・公式Webページ: emurgo.io
・Twitter (英語):  @emurgo_io
・Twitter (日本語):  @Emurgo_Japan
・Youtube: EMURGO
・Telegram: EMURGO Announcements
・Facebook: @emurgo.io
・Instagram: @emurgo_io
・LinkedIn: @emurgo_io

ヨロイウォレットについて
・ヨロイTwitter: @YoroiWallet
・ヨロイWebページ: https://yoroi-wallet.com/

カルダノについて
・カルダノForum: https://forum.cardano.org/
・カルダノテレグラム: https://t.me/CardanoGeneral
・カルダノReddit: https://i.reddit.com/r/cardano