EMURGOは、カルダノの非中央集権型、第三世代ブロックチェーンのエコシステムを 取り入れたプロジェクトや団体を立ち上げ、投資し、アドバイスすることでカルダノの社会実装を進め、ADAの価値向上に貢献しています。ヘッドクオーターがあるシンガポールに加え、グローバルなチームが世界中に広がっています。EMURGOは、真の意味で国際的かつ、非中央集権型企業なのです。

“EMURGOチームメンバー紹介コーナー”へようこそ!このコーナーでは、才能溢れる私たちのチームメンバーをご紹介します、彼らが普段舞台裏で何をしているのかシェアしたいと思います。前回は、EMURGOインドネシアのCEO村崎と、コンサルティングマネージャーの星を紹介しました。今週は、EMURGOコンサルティングチームの素晴らしいメンバー、プルを紹介したいと思います。

プルはYouTubeでも彼の考えをシェアしています、是非ご覧くださいね!

以下がプルとのショートインタビューになります。

EMURGOにジョインした理由を教えていただけますか?

プル:元々、ソフトウェアのエンジニアでしたので、ブロックチェーン、人工知能やビックデータなどの新しいテクノロジーについて調べることが好きでした。暗号資産との出会いは個人的に投資をしていたことがきっかけです。スマートコントラクトの勉強を始めて、コースを修了し、ICOの査定をしていましたが、2017年の中頃に東京でチャールズ・ホスキンソン氏とお会いする素晴らしい機会があり、彼のビジョンに共感したことからカルダノをフォローし始めました。EMURGOが、カルダノの公式ベンチャー部門ということを知り、アドバイザリーグループのコンサルタントとしてEMURGOにジョインしました。

EMURGOにジョインする前はどのような経験がありましたか?
プル:私はインドの小さい村の中下層階級で育ったのですが、その環境のおかげで新しい学びに対して常にハングリーでした。機械応用で修士号を取得した後に、ITのスタートアップを共同創業し、その経験からIT業界について非常に大きな学びがありました。ヘルスケア領域や、航空宇宙産業でも働いた後に、日本国内最大手の通信会社で、シニアビジネスアナリストとして働くために来日しました。そこでは私の過去の職歴から蓄積してきたエンジニアリングの知識が非常に役に立ちました。

常に新しい技術に感銘を受け、様々な分野で働いたことで、ソフトウェア開発から、データ可視化ツール、そしてプロジェクトマネージメントまで多くの学びを得られたことは非常に幸運でした。今はブロックチェーンに情熱を持っていますので、東京でスタディグループを主催しています。ブロックチェーン初心者の方々が知識をつけられる場として、そして、ビジネスとしてのポテンシャルからそのユースケースをどのようにして実体経済に持っていけるかを話し合っています。

EMURGOにジョインしてから6ヶ月が経ちました、プルさんの役割と現時点での最大の功績を教えていただけますか?
プル:アドバイザリーチームのコンサルタントとしてジョインしましたが、政府や、企業とブロックチェーン分野で関係を築くことで、カルダノの社会実装を加速することに注力しています。加えて、新しいビジネスチャンスを探したり、カルダノの第三世代ブロックチェーンのようなソリューションを取り入れることを検討している企業にアドバイスをしています。

ブロックチェーン技術の可能性についてどのようにお考えですか?
プル:ブロックチェーンは、インターネットの最大の問題であるプライバシー、セキュリティ、そしてインクルージョンの欠如などを解決できる可能性があると思っています。ブロックチェーンベースのソリューションは、司法や価値交換の面で、真の意味で民主的であり、ピア・トゥ・ピアな合意の元に形成される社会を作れると思います。

ブロックチェーンを用いたビジネス適用の可能性は多岐に渡ります、現在最も盛んに話し合われているのは、第三者の介入無しで、ブロックチェーンベースのスマートコントラクトによる価値の移動ではないでしょうか。

カルダノは、史上初の研究主導アプローチから生まれた第三世代ブロックチェーンとして、高いスケーラビリティを誇り、持続可能で、相互運用も可能です。そのポテンシャルは前述の問題を解決し、近い将来に素晴らしいユースケースを生み出すでしょう。

EMURGOで働く中で、一番好きなことはなんですか?
プル:スタートアップ的文化があることですね。つまり、新しいビジネスチャンスを模索することに制約は無いのです。EMURGOの企業理念は、イノベーティブな思考と、新しい学びです。私たちは、ブロックチェーン領域において、システム開発、教育/アカデミー、投資/促進、そして全般的なコンサルティングを通してベストなサービスを提供することで、カルダノの実装を加速していくという信念の元に結束しています。

EMURGOオフィスの雰囲気はどうですか?
プル:以前にスタートアップでも、大企業でも働きましたが、大企業で働いていた時は自分のポテンシャルを生かしきれていないように感じていました。その時、スタートアップの、新しい事を学べて、イノベーティブに考えられる環境を求めていましたね。

EMURGOの企業文化はイノベーティブに考えたい、行動したい人にはぴったりの環境です。仕事として広範囲に渡るリサーチをしながらも、常に新しい学びがあり、アイディアを提案することが歓迎される環境です。同僚も皆フレンドリーで働きやすい環境ですね。

EMURGOのコアバリューについてはどのように感じていますか?
プル:私は常に新しいことにハングリーで、かつ関係構築に関しては大胆でありたいと思っているので、そんな自分にはすごく合っています。チーム一丸となって、この進化の速い業界に適応し、カルダノの実装を進めていきたいですね。

最後に、EMURGOにジョインすることに興味を持っている人にメッセージをお願いします
プル:EMURGOのメンバーは皆、コミュニティと共にグローバルなカルダノを作っていくことに情熱を持っています。私たちは、チームが強ければ強いほど、EMURGOとカルダノがより強くなると心から信じています!そして、新しい才能豊かなメンバーはいつでもウェルカムですよ!もしあなたが、カルダノの社会実装とADAの価値向上に興味があるのならばいつでもSNSや、メールを通して私たちにリーチアウトしてきてください。

EMURGOメールマガジンを登録します

EMURGOは、Cardanoをグローバルに発展させる
EMURGOはCardanoブロックチェーンの導入を促すだけでなく、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を創出し、投資やアドバイスを行うことによってCardanoブロックチェーンの利便性を向上します。ブロックチェーンの研究開発から得た専門知識および業界パートナーとのグローバルなネットワークを活かし、組織や人材教育等の支援を行っています。

EMURGOは2017年6月に日本で創業し、以降シンガポールやインドネシア・インド・ニューヨークに展開しており、Cardanoプロジェクトの公式な商業化部門として活動しています。Cardanoエコシステムのグローバルな成長、そしてCardanoブロックチェーンの導入促進のためにIOHK/Cardano財団と連携しています。プロジェクトの詳細については、https://jp.emurgo.io/ をご覧ください!

EMURGOをフォローしましょう!
・公式Webページ: emurgo.io
・Twitter (英語):  @emurgo_io
・Twitter (日本語):  @Emurgo_Japan
・Youtube: EMURGO
・LINE: @emurgo
・Telegram: EMURGO Announcements
・Facebook: @emurgo.io
・Instagram: @emurgo_io
・LinkedIn: @emurgo_io

ヨロイウォレットについて
・ヨロイTwitter: @YoroiWallet
・ヨロイWebページ: https://yoroi-wallet.com/