EMURGOは、Cardanoという第3世代の分散型ブロックチェーンエコシステムを採用するプロジェクトや組織の構築、投資、アドバイザリーにより、Cardanoのグローバルにおける導入を推進し、ADA保有者にさらなる価値を提供しています。本社をシンガポールに、グローバル運用チームの拠点を東京をはじめ世界中に配置するEMURGOは、国際的かつ分散型の組織を実現しています。

「EMURGOチームメンバー紹介コーナー」へようこそ! このコーナーでは、EMURGOの才能あふれるチームメンバーをご紹介しています。メンバーたちの素顔や舞台裏のできごとなど、とっておきの情報をお届けします。前回までに、コンサルティングチームのPuru戸井田のインタビューをご紹介してきました。今回はマーケティングチームの素晴らしいメンバーであるAzuのインタビューをお届けします。

インタビュー動画もご用意しています。ぜひあわせてご覧ください!

それでは、インタビューをお届けします。

EMURGOへの入社を決めた理由を教えてください。

Azu:以前から、ビジネスと投資に大きな関心を持っていました。Cardanoのような暗号通貨やブロックチェーンの存在を知ったのは数年前のことです。現在は技術や金融業界の環境もさらに進化しています。このような領域に対してブロックチェーンがもつ潜在力や可能性を知るうちに、私はさらに興味を持つようになりました。ブロックチェーンテクノロジーや暗号通貨について詳しくないという方もまだまだいらっしゃいますが、こうした業界に関わることで、知識を提供したり、初心者の方にこれらの持つ可能性をお伝えしたり、逆に業界に精通したプロフェッショナルと意見やアイディアを交換したりするなど、多くの素晴らしい経験が出来るのです。

入社前にはどのような経験をされてきたのでしょうか?

Azu:日本への帰国後、テクノロジーや教育、貿易といった分野でマーケターとして働く素晴らしい機会がいくつかありました。はじめはITアントレプレナーアソシエイトとして、TOEFLのSpeakingテストに向けたスキルアップを目的とした、ソーシャルメディアの対応やプロジェクトのマーケティングプランの策定を行いました。その後、自動車の輸出企業に入社しました。この会社でソーシャルメディアや広報、Eメールやマーケティングの自動化、マーケットリサーチ、データアナリティクスといった経験を積んだことが、マーケティングスキルの向上に非常に役立ちました。

Azuさんの職務と、これまでで最大の業績を教えてください。

Azu:現在EMURGO Japanでジュニア・ソーシャルメディア・マネージャーを務めており、CardanoやEMURGOに関するニュースや最新情報をローカルコミュニティにタイムリーに提供することをミッションとしています。また、コミュニティメンバーに参加してもらえるよう、楽しくてワクワクするようなキャンペーンを作り出せるように日々奮闘しています。

EMURGOに入社してからの最大の業績は、「炭火焼肉たむら」のキャンペーンのプロモーションを行い、大阪で開催されたスペシャルイベントに参加したことです。EMURGOに入社してからほとんどの時間を使って準備を重ねてきたイベントで、多くの人が関わってきたものだったので、素敵な景品や関連イベントも用意して、何としてでも期待以上の成功を収めなければならないと考えていました。「炭火焼肉たむら」にADA決済を導入した当日、現地でもソーシャルメディア上でもイベントは大成功で、とても嬉しく感じました。

ブロックチェーンテクノロジーが持つ可能性について、どのようにお考えですか?

Azu:ビジネスの観点からブロックチェーンテクノロジーの可能性を見ると、Cardano第3世代ブロックチェーンソリューションのような技術は、ビジネスや組織のプロセスをシンプルかつ安全なものに変え、ポジティブなメリットをもたらすことができるものです。サードパーティの介入を排除し、トランザクションの検証にあたって透明性を実現し、運用の包括的な管理を安全に実施することで、ビジネスの効率性を実現できるだけではなく、コストや無駄な時間の削減にもつながります。また、エンドユーザーにとっても、さまざまな製品やサービスを選ぶ際に、安全で信頼性の高いソースを選択できるというメリットがもたらされます。

EMURGOで仕事をする上で最も気に入っている点は何でしょう?

Azu:EMURGOには世界の各地から多様なメンバーが集っています。数か月間働いてみて、文化や経歴の違いを超えてメンバー同士が尊敬しあっていることを感じます。メンバーからいつも新しいことを学ぶことができるのです。

また、ワークライフバランスを重視してくれる会社であるところも気に入っています。毎月イベントも開催されますし、従業員の健康についても非常に配慮してくれています。会社に対して敬意を持つことができるのは素晴らしいことだと思います。こうした要素が、EMURGOで働くという経験をさらに楽しく、生産的なものにしてくれています。

EMURGOのオフィスの雰囲気はどうですか?

Azu:EMURGOにはくつろげる雰囲気がある一方、プロフェッショナリズムを感じる場でもあります。メンバーみんなが、楽しむべき時と真剣になるべき時を理解しているのだと思います。ポジティブで活気のあるメンバーの揃う職場で働けるというのは素晴らしいことです。オフィスにはジムのマシンの揃うリラクゼーションルームが用意されていて、同僚とNintendo Switchを楽しむこともあります。ビーズクッションもたくさんあるので、リラックスしたり、仕事中に使ったりすることもありますよ。

EMURGOのコアバリューについてどのように感じますか?

Azu:EMURGOのコアバリューは一見シンプルですが、それぞれに込められた意味は、会社としての目標の達成に向け一人一人がどう前進していくかを考えるうえで非常に大切なことだと思います。「価値ある人材であれ。大胆であれ。柔軟であれ。ハングリーであれ」という言葉は、変化のスピードの早いこの業界ではこれ以上ないコアバリューでしょう。

最後に、今後EMURGOに入社することをお考えの方に向けてメッセージをお願いします。

EMURGOはあなたのスキルや意見、アイディアが高く評価されるというだけではなく、同僚とともにさらにそれらを磨いていくことのできる場所だと思います!

まさにその通り。EMURGOのチームメンバーは、コミュニティの皆さんとともにグローバルなCardanoの確立に向け全力で取り組んでいます。チームの力が高まるほどに、EMURGOやCardanoもパワーアップしていくのです。グローバルな人材のチームへの参加はいつでも大歓迎です!ビジネスや組織へのCardano導入、ADA保有者への価値提供に取り組んでみたいという方は、ソーシャルメディアやEメールで今すぐご連絡ください!