ヨロイ1.3.4 からダイダロスマスターキーをインポートできるようになりました。この機能は、少しわかりにくいところがあるのでゆっくりとその機能と仕組みについてご説明しましょう。

Tutorial: Master Key Import in Yoroi

私たちはどんな問題を解決しようとしているのでしょうか?

例えば、このような状況下にあると仮定しましょう:

1.パソコンにダイダロスをインストールした

2.しかしそのウォレットのリカバリーフレーズを忘れてしまった

3.でもパスワードは覚えている

4.ダイダロスがパソコンから開けない

このような場合どうやって資産を復元すればよいでしょうか?

リカバリーフレーズを覚えている場合、このビデオに通りに簡単にヨロイに移行できますし、他のパソコンからダイダロスを使うことで復元できます。解決法をご説明するために、まずは基礎をおさらいしましょう!

追記:この記事は仮想通貨のウォレットと、その仕組みにある程度馴染みがある人向けに書いています。これから初心者の人でもわかる記事をどんどん書いていく予定なので心配しないでくださいね!

ウォレット作成の流れ

ウォレットを作成するとき、15個の単語を入力する必要があります。(大抵リカバリーフレーズやニモニックと呼ばれます)このニモニックはプライベートキーを作成するために用いられます。(ヨロイのようなウォレットではマスターキーとも呼ばれます)

Example recovery phrase screen when creating a wallet

↑ウォレット作成時に表示されるリカバリーフレーズ例

注意深くリカバリーキーを書き写して、安全なところに保管したことを確認してください。ウォレット使う時や、復元する時に必要になります。大文字と小文字を区別してください。

もっと具体的に言うと、ニモニックはウォレット作成に必要なエントロピー(推測困難なパスワード)を発行します。カーソルを動かしたり、キーボードでタイプする形のエントロピーをどこかで見たことがあるかもしれませんね。

マウスとキーボード操作でキーパスから作られたエントロピー

リカバリーフレーズを持っている人だったら誰でもウォレットにある資産を復元、支配できてしまうんです!怖!

私たちはパスワードを導入することでユーザーさんをお守りできます。

パスワードはプライベートキーを暗号化できるので、もし誰かがあなたのコンピューターからアクセスしてもパスワードが分からなければプライベートキーにアクセスすることはできません。

しかしながら、送金する時には毎回プライベートキーが必要になりますので、その都度復号しなくてはいけません!

Prompt to decrypt your master key in order to send Ada

↑ADAを送るためにマスターキーを復号しようとしているところ

クロームデベロッパーコンソールを開けると、復号されたマスターキーがあります

Master key for a throwaway wallet

もしあなたがこれを見て心配になるのなら、なぜハードウェアウォレットがこんなに人気なのかよくわかりますね!マスターキーをパソコンやスマホに入れておくより、ハードウェアウォレットや、ヨロイ(もしくは類似のアプリケーション)に入れておく方がより安全でしょう。

ダイダロスに話を戻します

基礎をおさらいしたところで、私たちのソリューションを見てみましょう。

私たちはダイダロスのニモニックは持っていませんが、パソコンに暗号化されたマスターキーを持っています。

より詳しく説明すると、ダイダロスは、ハードドライブ上のシークレットキーというファイルに、マスターキーを保存しています。ということはADAを復元するのに必要なのはパスワードのみ、ということなんです!

ここがポイントなのですがーダイダロスは実はプライベートキーを管理しているわけではないんです。こちらがダイダロスの仕組みになります(簡単バージョン)

ダイダロスはあくまで、ユーザーインターフェースのフロントエンドで、全てのデータはカルダノウォレットとカルダノSLフルノードで管理されています。

シークレットキーから更なるマスターキーを作成する更に複雑なプロセスはIOHKに任せておいて大事なことは、もしあなたがマスターキーを持っているのなら、ヨロイにインポートするのはとっても簡単になったってことなんです!

Demonstration of restoring by master key

↑ マスターキーによる復元のデモンストレーション

利点とこれからの方向性

このオプションの利点は(すでにあげた問題の解決策以外に)、ニモニックを使って作成してなくても、ダイダロスをヨロイに移行できることです。すでに述べたように、ニモニックはエントロピーを作成するための一つの手段にすぎないので、全てのユーザーをサポートすることができます!

これから、シークレットキーからヨロイを復元できるようにしていきます、そしてあなたが違うエントロピーからウォレットを作成したかったらきっとヨロイを気に入るでしょう!

EMURGOメールマガジンを登録します

EMURGOは、Cardanoをグローバルに発展させる
EMURGOはCardanoブロックチェーンの導入を促すだけでなく、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を構築し、投資やアドバイスを行うことによってADAの価値を高めます。ブロックチェーンの研究開発から得た専門知識および業界パートナーとのグローバルなネットワークを活かし、ベンチャー企業の支援を行っています。

EMURGOは2017年6月に日本、2018年5月にはシンガポールに設立されました。以来、Cardanoプロジェクトの公式な商業化およびベンチャー部門として活動しています。Cardanoエコシステムのグローバルな成長、そしてCardanoブロックチェーンの導入促進のためにIOHKと連携しています。プロジェクトの詳細については、https://jp.emurgo.io/ をご覧ください!

EMURGOをフォローしましょう!
・公式Webページ: emurgo.io
・Twitter (英語):  @emurgo_io
・Twitter (日本語):  @Emurgo_Japan
・Youtube: EMURGO
・Telegram: EMURGO Announcements
・Facebook: @emurgo.io
・Instagram: @emurgo_io
・LinkedIn: @emurgo_io

ヨロイウォレットについて
・ヨロイTwitter: @YoroiWallet
・ヨロイWebページ: https://yoroi-wallet.com/