EMURGOは、Cardanoのグローバルな導入の推進とADA保有者への価値提供に注力する公式商業化部門として、国際的なビジョンを持つことを戦略上非常に重視しています。Cardanoコミュニティは本来的にグローバルな性質を持つものであり、世界中の市場のCardanoコミュニティメンバーの取り組みや関心がなければ、現在のような強力なプロジェクトになることはできなかったでしょう。

EMURGOは本社をシンガポールに置き、グローバルオペレーションスタッフを東京に配置しています。日本で設立されたこともあり、多くの日本らしい要素を受け継ぐなど、アジアに強力なネットワーク基盤を有しています。そのうえで、EMURGOはアジア以外の市場で認知を拡大し、実際のブロックチェーンの取り組みを重ねていくことの重要性を認識しています。それは、より堅固で多様なCardanoエコシステムを実現するものであるからです。

これを達成するため、EMURGOは国境を超え様々な地域の市場で同時に展開される、4つのコアとなるビジネスユニットを擁しています。それが、カスタマイズ対応のシステム開発、教育&アカデミー、投資&アクセラレーション、アドバイザリーサービスです。

EMURGOは、Cardanoのブランド認知向上と今後の導入に向けて、すでに戦略的な取り組みを活発に展開し、アジア以外の市場でも選択されるプロトコルとなるべく努めています。今回は、このような市場での認知向上とブロックチェーンの参入に向けた、EMURGOの展開中のプランをご紹介します。

ニューヨークを拠点としたdLab/EMURGOブロックチェーンアクセラレーターの立ち上げ

EMURGOは2019年2月、ブロックチェーンのアントレプレナーとなることを目指す企業を支援するため、dLab/EMURGOブロックチェーンアクセラレーターを立ち上げ、ニューヨークの中心地に新しいオフィススタジオを開設しました。EMURGOはdLab/EMURGOを活用し、Cardanoとのシナジーを持ち、実績も確立された、品質の高いブロックチェーンプロジェクトをインキュベートし、推進することができます。EMURGOのCTO、ニコラス・アルケロスやR&Dエンジニアリングリードのセバスチャン・ギルモットが、EMURGOやSOSVの社内テクニカルエキスパートと共に、こうしたプロジェクトに対して世界トップレベルのメンタリングを行います。

EMURGOはすでに、Cardano ADAのトランザクションを確実に実行するための取り組みを進めるSyle等のCardanoフェローや、4社のスタートアップに対する第1回の取り組みを完了し、2019年第3四半期にサポートを提供するブロックチェーンのスタートアップ企業についての検討を行っています。拡張性、持続可能性、相互運用性に優れた、実世界における問題の解決のためのプロジェクト、あるいはCardanoの第3世代ブロックチェーンの活用により利便性をもたらすプロジェクトを手掛けている企業には、ぜひご応募いただければと思います。

米国Chamber of Digital Commerce(デジタルコマース会議)への参画

またEMURGOは2019年6月、米国Chamber of Digital Commerce(デジタルコマース会議)の影響力ある執行委員会の一員となりました。同会議はデジタル資産とブロックチェーン業界を代表する、世界トップクラスの商業組織です。世界有数の多国籍企業や金融業界のスタートアップで構成され、特に北米におけるブロックチェーンベースのソリューションやデジタル資産の導入推進に取り組んでいます。これは、優れたブロックチェーンエコシステムの開拓をサポートし、潜在的ステークホルダーへのCardano導入を進め、ADA保有者に価値を提供するというEMURGOの戦略目標とも合致するものです。

本会議は、民間による開発の進むブロックチェーンに関連した政策の策定にあたり、規制機関や政策立案者の信頼性の高いリソースとして機能します。EMURGOは執行委員の一員として、本会の専門家によるワーキンググループや政策に対する取り組みに参画することにより、このような議論にも関与していきます。

先日、EMURGOのCTOであるニコラス・アルケロスは本会の招聘を受け、ワシントンD.C.で開催されたCongressional Blockchain Education Dayにて、政策立案者や企業に対してCardanoブロックチェーンの有用性に関する特別講演を行いました。

また、当社CFO兼CIOのマンミート・シンも、今年初めにDC Blockchain Summit(ワシントンD.C.を拠点とした、政府職員や企業を対象とする会議)で、Cardanoと未来のデジタルトークン化についての議論で登壇の機会をいただきました

EMURGOは今年の初め、分散化経済のためのデジタル・マーチャント・バンクとしてトップクラスに位置するY2X(ニューヨーク)への投資を行いました。Y2Xはセキュリティトークンオファリング(STO)などを通じ、拡大のための資金調達を行うアントレプレナーを支援しています。Cardanoは特に規制対象となるSTOにおいて、Y2XやY2Xのポートフォリオ企業の選択するプロトコルとなり、ADA保有者に更なる価値を提供します。Y2Xの共同設立者であるJ. Todd MorleyとDave Shulerは共にウォールストリートで広く認められた金融業におけるバックグラウンドを持ち、プラットフォーム構築のための豊富な専門知識やグローバルなネットワークを提供しています。

インドネシアとインドでのブロックチェーン教育

EMURGOは、インドネシアインドなどの重要地域の市場で、現地の人材とともにオフィスを開設し、高品質で包括的なブロックチェーン教育を提供しています。EMURGO Indonesiaはいくつかの地元企業と提携し、ブロックチェーン教育コンテンツの提供や、ブロックチェーンベースのビジネスソリューションの展開を開始しています。EMURGO Indiaも広範なブロックチェーンの教育課程をオンラインとオフラインで、大学生や専門家、一般の方に向けて展開し、経済面やキャリア面での機会提供を行っています。また最近では、EMURGO Indiaは、生徒や教員を対象としたブロックチェーンテクノロジーについてのトレーニング提供に関し、地元の3つの大学とMOUを締結するとともに、今後インドの5都市に拡大する計画であることを発表しました(ムンバイ、デリー、ハイデラバード、チェンナイ、プネー)。

最後に

このように、アメリカ、およびアジア以外の地域の市場におけるEMURGOの戦略は、影響力ある多様なステークホルダーと連携して実施されており、選ばれるプロトコルとしてのCardanoの有用性をさらに押し進めるものです。すなわち、高品質のブロックチェーン教育プログラムを提供し、Cardanoとのシナジーを発揮できるような実績あるスタートアップにチャンスを与え、Cardanoエコシステムにおいて拡大する顧客ベースに対して高い戦略的価値を持ちうるプロジェクトに対する投資を行うといった取り組みです。これらの多様な取り組みにより、EMURGOは認知を向上し、Cardanoの導入促進を行うとともに、Cardanoエコシステムへの直接的な投資を行っていきます。

ご質問やコメント等がありましたら、ぜひお気軽にTwitterウェブサイトにアクセスください!

EMURGOメールマガジンを登録します

EMURGOは、Cardanoをグローバルに発展させる
EMURGOはCardanoブロックチェーンの導入を促すだけでなく、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を構築し、投資やアドバイスを行うことによってADAの価値を高めます。ブロックチェーンの研究開発から得た専門知識および業界パートナーとのグローバルなネットワークを活かし、ベンチャー企業の支援を行っています。

EMURGOは2017年6月に日本、2018年5月にはシンガポールに設立されました。以来、Cardanoプロジェクトの公式な商業化およびベンチャー部門として活動しています。Cardanoエコシステムのグローバルな成長、そしてCardanoブロックチェーンの導入促進のためにIOHKと連携しています。プロジェクトの詳細については、https://jp.emurgo.io/ をご覧ください!

EMURGOをフォローしましょう!
・公式Webページ: emurgo.io
・Twitter (英語):  @emurgo_io
・Twitter (日本語):  @Emurgo_Japan
・Youtube: EMURGO
・LINE: @emurgo
・Telegram: EMURGO Announcements
・Facebook: @emurgo.io
・Instagram: @emurgo_io
・LinkedIn: @emurgo_io

ヨロイウォレットについて
・ヨロイTwitter: @YoroiWallet
・ヨロイWebページ: https://yoroi-wallet.com/