EMURGOは、Cardanoの商業化ネットワークの拡大という重要な役割を担う、Cardanoプロジェクトのメンバー企業です。2018年、仮想通貨市場は値下がりの傾向がありましたが、EMURGOは様々な活動に精力的に取り組み、成果を上げてきました。前回の投稿では、「ヨロイウォレット」のリリースや欧州ブロックチェーン協会の設立、メタップスとADAクリプトカード、SOSVについてご紹介しました。今回はパート2として、さらに行った事業についてご説明いたします。

Cardano(ADA)は2018年4月にHuobiに上場され、続いて6月にはBithumb、7月にOKEx に上場されました。

2017年にBinanceで上場されたのを皮切りに、今ではTOP10の取引所のほとんどでADAが扱われています。今後も様々な機関と協力して取り扱い取引所を増やしてまいります。

インドネシアジョイントベンチャーの立ち上げ

インドネシア大手のSCM(サプライチェーンマネジメント)企業、HEROグループと提携し、ジョイントベンチャーEMURGO Indonesiaを立ち上げました!SCMは産地から工場、店頭までの経路追跡(トレーサビリティー)の価値が発揮できる業界なので、第三世代のカルダノブロックチェーンとの親和性が期待される事業領域です。EMURGO Indonesiaの最初のプロジェクトの未来に期待しています!

Cardano一周年記念イベント

Cardano ADAのローンチ一周年記念。台風で交通機関に影響が出る中、350人を超えるコミュニティーの方々に加え、沢山のメディア・関係者に集まっていただきました

YOO Sourcing

グローバルソーシングのオープンプラットフォームとして、最も支持されているYOO Sourcingの開発および運営を行っているSourcing Technologies Holding Co., Ltd.に投資することを発表しました。YOO Sourcingはカルダノブロックチェーンとのシナジーが見られ、EMURGOのミッションや、さらにはカルダノコミュニティーに価値をもたらせてくれると考えます。

東京理科大ハッカソン

ブロックチェーンの教育普及を目的に東京理科大と提携し、オープンカレッジとブロックチェーンハッカソンを実施しました。当日は60名、10チームが参加し、Mets温泉チームの「あまった電力を活かしたスマートグリッドソリューション」が最高順位を獲得しました。詳しくはTechwaveの取材記事をご確認ください。Techwave:どのように世の中を変えられるか?ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学レポート

2018年を振り返ってみると、我々はグローバルに様々な活動を行って参りました。2019年には、多様なDAppsを作成できるCardanoメインネットのローンチが予定されています。引き続き、楽しみにしてください!

ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました。YoutubeチャンネルとSNSもぜひチェックしてみてください!

新しい東京オフィスです!

カルダノをグローバルに発展させるEMURGOについて
EMURGOはCardanoブロックチェーンの導入を促すだけでなく、Cardanoの分散型ブロックチェーンエコシステムを採用しているプロジェクトや組織を構築し、投資やアドバイスを行うことによってADAの価値を高めます。ブロックチェーンの研究開発から得た専門知識および業界パートナーとのグローバルなネットワークを活かし、ベンチャー企業の支援を行っています。

EMURGOは2017年6月に日本、2018年5月にはシンガポールに設立されました。以来、Cardanoプロジェクトの公式な商業化およびベンチャー部門として活動しています。Cardanoエコシステムのグローバルな成長、そしてCardanoブロックチェーンの導入促進のためにIOHKと連携しています。プロジェクトの詳細については、https://jp.emurgo.io/ をご覧ください!

|| EMURGOニュースレターのご登録は こちら ||

EMURGOについて

ヨロイウォレットについて

カルダノについて