ブロックチェーン技術の進化はとどまることがなく、有用なソリューションを生み出し続ける

ブロックチェーンが誕生し、ビットコインなどの暗号通貨による金融取引という最初の事例が生み出されて以来、技術は進化を続け、より広く活用されるようになりました。ブロックチェーン技術の進化により、多様な業界に対して革新的で実用的なソリューションが開発され、企業のコスト効率改善にも寄与してきました。

ブロックチェーン技術は、その教育プログラムやメディアへの露出により着実に認知を向上させ、多くの人が基本的な技術やもたらされるメリットについて理解するようになりました。企業、公共機関、一般の人々が、このトランザクションシステムは、金融取引以外にも多くの場面に活用できると認識しつつあります。

ビットコインと同じ意味で用いられることも多いブロックチェーンですが、サプライチェーンや通信、登記、ヘルスケアなどさまざまな業界で、データに関する不備(透明性の欠如やデータ改ざん、データのプライバシー侵害など)に対する実用的なソリューションを提供できる、スタンドアロン型の技術であると言うこともできます。ブロックチェーンソリューションは、AIや機械学習、IoTなどの最新技術とのシームレスな統合を実現するツールも提供することができます。

世界中の経営陣が重視しつつあるブロックチェーン

新たな革新的技術であるブロックチェーンは、旧式のプロセスを効率的に更改する容量と機能を持ち、自動化、コスト効率、透明性、トレーサビリティ、高度なセキュリティを備えたデータ管理システムを実現します。少数の中央集権的なプレイヤーが支配する権力を、システム内の全ての主要ステークホルダーに分散させます。ブロックチェーンは民主的な方法でトランザクションやデータを保管および交換し、すべてのステークホルダーを公平に扱います。

将来性のあるブロックチェーンソリューションが継続的に開発され、多くの企業がブロックチェーンを統合するようになるにつれて、適切なスキルを持った人材には、キャリア機会や給与の高いポジションが豊富にもたらされるようになります。

デロイトが実施した2019年のグローバルブロックチェーン調査では、幹部層の半数以上がブロックチェーン技術は「組織にとって非常に重要」になってきたと感じており、83%が「ブロックチェーンの優れたユースケース」を把握していると話しています。これらの数値はいずれも、過去の調査と比較すると大きな伸びを見せています。 [1]

押さえておきたいブロックチェーンの今後の5大トレンド

1. 包括的なブロックチェーン導入が加速、拡大
Amazon、ウォルマート、IBMといった大手企業は、かなり前からブロックチェーン技術についての詳細な調査を始め、ビジネスモデルにもたらしうるメリットを追求してきました。ブロックチェーンの概念実証は多数のグローバル企業でほぼ完了しており、すでにベータステージへと移行しています。また、現在既に導入している企業も存在します。たとえば、鉱山から消費者の手に渡るまで、ダイヤモンドを追跡、管理するためにブロックチェーンを活用することで、違法な調達元からの取引を抑制する事例もあります。

ブロックチェーンの導入は日々進んでいます。一般の人々の認知が向上するにつれ、より多くの才能豊かな開発者がブロックチェーン業界に関与するようになり、企業によるブロックチェーンソリューションの統合が進むに伴い、幅広いユースケースが生み出されています。

2. ブロックチェーンソリューションはIoTなどの主要技術に付加価値をもたらし、相互に運用される
ブロックチェーンとIoTの統合を探求する取り組みは以前からあったものの、近年さらにその動きが加速しています。多くのIoTサービスプロバイダーやデバイスが注力しているのは、消費者のデータセキュリティや完全性に関する問題です。ブロックチェーンソリューションの統合により、機密情報の保護についての全体的なセキュリティは向上し、データ交換を安全に、透明性を確保した状態で行うことができるようになります。

例えば、IoT技術に対応したスマートホームでは、ホームセキュリティに関する非常に機密性の高い個人情報を保存することになります。こうした情報はクラウドサーバーに保存されますが、データシステムにブロックチェーンソリューションを統合することで、クラウドデータストレージがハッキングされるリスクを低減し、IoTベースのホームセキュリティシステムの魅力を高めることができます。

ブロックチェーンソリューションは、分散型の共有データベースシステムを活用することで単一障害点を排除することができるため、IoTデバイスのセキュリティや透明性が向上し、消費者からのさらなる信頼を獲得することができます。

3. クリエイティブなスタートアップ企業や有望な起業家が参入
ブロックチェーンの多岐にわたる可能性の大半は、まだ実現しはじめたばかりです。ブロックチェーンベースのソリューションを活用したスタートアップ企業が、ベンチャーキャピタルや公共団体、民間企業といった既存の調達先から資金を得て、設立される事例がますます増えています。経験豊富な企業家たちも、この領域に参入しつつあります。EMURGOは、QuidliHelix.worksといったブロックチェーンベースの革新的なスタートアップに対して、指針を提供し、その事業を促進しています。

4. 個人の識別におけるサイバーセキュリティ強化にも貢献
インターネットが発展した現代においては、個人のデジタルアイデンティティは、ハッキングやサイバーの脅威を受けるリスクが非常に高まっています。個人情報の漏洩や、保証や認証の欠如した状態での使用は絶えず問題となっています。

ブロックチェーンは、適切なデータに対して安全性を確保した暗号化を行い、その後分散、保存、交換を行う技術であり、こうした問題に対する実際的な解決策をもたらします。分散化された方法で安全な信用レコードを作成するため、システムを侵害することは非常に困難です。ステークホルダーは、デジタルアイデンティティを基盤とするインターネット上のあらゆるコマースに依存しているため、企業や組織、消費者にとって、こうしたセキュリティやデータのトレーサビリティは大きなメリットとなります。

5. 魅力的な求人や素晴らしいキャリア機会につながる
ブロックチェーン、AI、機械学習、データサイエンスといった革新的な技術は非常に大きな潮流となっていますが、まだ新しい技術であるために、これらに精通した人材には高い需要があります。これらの技術やその応用は時間と共に成熟し、世界の大多数もこれに追随していくことでしょう。

経験豊富なブロックチェーン開発者は、公共部門からも民間部門からも最も求められるキャリアスキルであり職業であると言われています。専門的な教育コンテンツが不足しているため、経験豊富なブロックチェーン開発者は、世界中のソフトウェア開発者の0.5%にも満たないと言われています。 [1][2] このように、非常に需要が高いにも関わらず経験豊富なブロックチェーン開発者の供給が低いというミスマッチが生じているために、ブロックチェーン業界のキャリアや求人では高い給与を見込むことができ、この傾向はさらに進むと見られています。

グローバルなブロックチェーンソリューションプロバイダーであり、Cardanoブロックチェーンの創設企業であるEMURGOが擁する教育部門は、このような需要に対応することができます。EMURGOは信頼できる教育パートナーであり、EMURGOとの連携により、正しいスキルを身につけることができるだけではなく、ブロックチェーン業界の素晴らしい仕事につながるよう、適切なキャリアへのエクスポージャーを実現します。

EMURGO Indiaのホームページでブロックチェーン教育によるスキルアップについて詳細をご確認ください。ソーシャルメディアをフォローして、EMURGO Educationのインドユニットについてチェックすることもお忘れなく!